EUコロナ債の可能性模索

共同通信

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)のミシェル大統領は10日、新型コロナウイルス感染で打撃を受けた経済の回復を協議するため、テレビによるEU首脳会議を23日に開くと発表した。ユーロ圏財務相会合が9日合意した総額5400億ユーロ(約64兆円)の経済対策を承認するとともに、合意を棚上げしたユーロ圏共通の「コロナ債」発行の可能性を探る。

 コロナ債は各国が負担を分かち合い、経済危機を乗り越えるための財源を共同調達する狙い。イタリアやスペイン、フランスなどが積極的だが、緊縮的な財政運営に徹するドイツやオランダなどは負担増に抵抗している。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ