米、原油生産抑制に言及

共同通信

 【ロンドン共同】20カ国・地域(G20)は10日、エネルギー相会合をテレビ会議方式で開催し、原油市場安定に向けた方策を議論した。ロイター通信によると、最大産油国である米国のブルイエット・エネルギー長官は自国の原油生産量が抑制されるとの見通しを示した上で、原油安の原因となっている供給過剰を解消するため、各国にあらゆる手段を講じるよう要求。協調減産の再開で大筋合意したサウジアラビアやロシアなどの産油国と連携する姿勢をにじませた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ