コロナ死者、世界で10万人超す

共同通信

 【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染症による死者が10日、世界全体で10万人を超えた。2日に5万人を上回っており、約1週間で倍増した。9日に9万人超となったばかりで増加の勢いは全く衰えておらず、被害拡大が続いている。

 10日付の世界保健機関(WHO)の状況報告によると、死者の71%は欧州地域事務所管内(トルコや旧ソ連諸国を含む)に集中している。4月に入り米国での死者数も急増しており、世界最悪のイタリアに次ぐ多さとなった。米国は10日、1日の死者が初めて2千人を超えた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ