超党派議連、靖国参拝見送りへ

共同通信

 超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元参院副議長)は、東京・九段北の靖国神社の春季例大祭(21~22日)に合わせた一斉参拝を見送ると決めた。新型コロナウイルス感染拡大を踏まえた。関係者が11日、明らかにした。

 議連は毎年、春と秋の例大祭、8月の終戦の日にそろって参拝しており、中止は異例の対応。2017年の秋季例大祭が衆院選と重なり、参拝を12月に延ばした例はあるが、1981年の議連発足後、これまで年3回の参拝を続けてきた。

 昨年10月の秋季例大祭では、国会議員98人と秘書ら代理出席を合わせ、165人が一緒に参拝した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ