柔道、代表審議延期に懸念の声

共同通信

 全日本柔道連盟の役職員のコロナ集団感染により、東京五輪代表選考問題を審議する15日の常務理事会延期が決まった13日、関係者からは懸念などさまざまな意見が出た。この日は4人の陽性が確認され、中里壮也専務理事を含めて計16人になった。

 五輪代表選手の処遇や、唯一代表が決まっていない男子66キロ級の選考方式を詰める予定の常務理事会は5月7日以降に先送り。金野潤強化委員長は「選手には申し訳ない。もう少し待ってもらうしかない」と理解を求めた。現場からは迅速な判断を求める声が上がり、代表選手の所属先の関係者は「選手が振り回され、犠牲になっている」と不満を漏らした。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ