ソフトバンクグループ巨額赤字に

共同通信

 ソフトバンクグループは13日、2020年3月期の連結純損益が7500億円の赤字(前期は1兆4111億円の黒字)に転落するとの見通しを発表した。赤字は05年3月期以来、15年ぶりで、過去最大の赤字額となる。出資先企業の不振により、投資事業で巨額損失を計上した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う世界的な株式市場の悪化も影響した。

 傘下ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」で1兆8千億円の投資損失が生じ、営業損益は1兆3500億円の赤字になる見込み。10兆円規模の同ファンドをてこに先端企業に集中投資する孫正義会長兼社長の戦略は、構想が揺らぎ始めた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ