食品ロス、17年度612万トン

共同通信

 政府は14日、まだ食べられるのに捨てられた「食品ロス」の2017年度の発生量が推計で前年度比31万トン減の612万トンだったと発表した。現行の推計を始めた12年度以降で最少。コスト意識の高まりなどで、レストランやコンビニといった事業者からの排出量が減った。

 政府は30年度までに、00年度比で半減の490万トン程度に抑える方針。今後は昨年10月に施行された食品ロス削減推進法に基づき、持ち帰り容器の普及や啓発活動をさらに進める。

 17年度の内訳は、食品関連事業者の排出量が前年度から24万トン減の328万トンで、家庭からが同7万トン減の284万トンだった。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ