コロナ、世界感染200万人迫る

共同通信

 【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が13日、世界全体で190万人を超え、200万人に迫った。2日に100万人を上回ってから、11日でほぼ倍増した。死者数は今月に入り1~2日ごとに1万人以上のペースで増え続けており、日本時間14日午前の時点で約11万9千人。終息の見通しは立っていない。

 感染者数が増加したのは、各国で検査態勢が拡充されたことも大きい。同大の集計で世界最多の感染者が確認されている米国では、293万件の検査が実施されてきた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ