那智の滝前で優雅な舞、和歌山

共同通信

 和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社で14日、自然の恵みに感謝し五穀豊穣を祈る「桜花祭」が開かれ、ご神体の那智の滝の前で桜の花のかんざしを挿したみこが優雅な舞を奉納した。例年は神職が笛と太鼓を演奏するが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で録音テープを使った。

 桜花祭は平安時代に花山法皇が那智山で千日間の山ごもりをした際、桜の美しさに感銘を受けて和歌を詠んだ故事にちなみ毎年行われている。

 男成洋三宮司は「コロナウイルスの一日も早い終息も祈った。希望はある。気持ちを落ち着けて過ごしてほしい」と話した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ