検温義務付けで体温計が品薄

共同通信

 新型コロナウイルスの影響で体温計が品薄となっている。感染拡大に伴い、出社前に検温を義務付ける事業者が増えてきたためで、メーカー各社は増産に乗り出した。消耗品のマスクや除菌剤と違い、急激な需要増はいずれ落ち着くとみられるが、インターネットのオークションサイトでは店頭価格の数倍にもなる高値で転売されている。

 国内首位のオムロンヘルスケア(京都府向日市)では、体温計の3月の受注数が前年の同じ月と比べて約2・7倍に増加。就業時間の延長や休日出勤により生産体制を強化している。 

 「ヤフオク!」では店頭に2千円前後で並ぶ商品が約3倍の価格で取引された事例も見られた。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ