F1の技術で呼吸装置を開発

共同通信

 自動車レースの最高峰の技術が新型コロナウイルス対応に一役買っている。F1の強豪メルセデスは英大学のユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)と協力。同国の拠点で感染者に必要な呼吸装置を開発し、量産態勢に入っている。

 睡眠時無呼吸症候群の治療法「CPAP(シーパップ)」に使われる機器を活用。着手から4日ほどで最初の試作機が完成し、10日で英保健当局の承認を得たという。普段はエンジン開発などを行っている工場では、ピストン部分などを製造する機械が利用されている。UCLのアーサー学長は「大学、産業、医療が国益のために協力し、何ができるかを示せた」と語った。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ