富士フイルム、アビガン増産開始

共同通信

 富士フイルムホールディングス(HD)傘下の製薬会社、富士フイルム富山化学(東京)は15日、新型コロナウイルスへの効果が期待される新型インフルエンザ治療薬「アビガン」の増産を始めたと発表した。

 7月に従来の生産量の約2・5倍となる月産約10万人分に引き上げ、9月には約7倍の月産約30万人分に拡大する。国内向けだけでなく、海外からの提供要請にも対応する。

 グループ会社の富士フイルム和光純薬(大阪市)で原料の生産設備を増強。化学メーカー、デンカなど国内外の企業とも連携し、生産態勢を拡充した。

 アビガンを巡っては現在、東京都内の病院などで臨床試験を行っている。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ