院内感染の要因はマスク不足

共同通信

 日本医師会(日医)の横倉義武会長は15日の記者会見で、医療従事者や患者の新型コロナウイルス感染に関し、マスクや顔を覆うフェースシールドといった医療機関内の感染防護具が不足していることが要因の一つだと指摘した。政府は早急に確保すべきだと重ねて訴えた。

 医療機関が新型コロナ感染者の対応に追われ、一般の救急患者の治療に支障が出ているとの指摘がある。横倉氏は、地域ごとに重点的に救急患者を受け入れる医療機関を設定するなど役割の分担が必要だとも述べた。

 横倉氏は「医療現場ではマスクが不足している。医療従事者が感染すると医療崩壊が起きる恐れが高い」と危機感を示した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ