北九州市も家賃8割補助へ

 新型コロナウイルス特別措置法に基づく福岡県の休業要請を受け、北九州市は16日、中小企業などの家賃を40万円を上限に8割(5分の4)補助するといった独自支援策を発表した。北橋健治市長は記者会見で「(終息に向け)休業要請に協力してもらい、より一層努力する機運を高めたい」と強調した。

 北九州市は、福岡市が家賃を8割補助する支援策を参考にしたが、福岡市の上限額50万円に対し、賃料相場が異なるとして額を調整。ビルオーナーに賃料の減額や免除を要請する。市によると、支援策全体の予算規模は30億円程度を見込む。

PR

PR