3月の映画興行収入、7割減

共同通信

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、映画配給大手12社の3月の興行収入総額が、前年同月比70・2%減の約56億円だったことが、日本映画製作者連盟(映連)の集計で16日分かった。現在の集計方法になった2000年以降、3月の興収としては最低という。

 映連は「全国の映画館が休館に追い込まれており、4月はさらに壊滅的な数字になるだろう」とみている。

 集計によると、2月は前年同月比33・3%減と落ち込んだ。2月下旬に安倍首相が学校休校を要請すると、東宝やディズニーが子ども向け作品の公開延期を決定。「稼ぎ頭がなくなった」(映連担当者)ことも3月の興行に打撃となった。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ