軍備管理に中国参加必要

共同通信

 【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は17日、ロシアのラブロフ外相と電話会談し、将来のいかなる軍備管理交渉にも中国を参加させる必要があるとの認識を示した。当面の焦点は2021年2月に期限切れとなる米ロ間の新戦略兵器削減条約(新START)。ロシア側は延長を呼び掛けているが、米国は中国を含めた新たな枠組み作りを求めている。

 中国は交渉に参加しない姿勢を堅持しており、実現の見通しは立っていない。軍備管理専門家の間では中国参加に固執するトランプ政権の主張は新STARTを終わらせ、米国の核配備制限をなくす戦略との見方も出ている。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ