人出の減少、全国で大きな地域差

共同通信

 NTTドコモは19日、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全国に拡大されて初の週末となった18日時点の全都道府県の主要駅や繁華街などの人出を分析したデータを公表した。全国47都道府県の計69地点における人出は、感染拡大前に比べ3~85%減となり、地域によって大きな開きが出た。

 政府は感染拡大の防止に向け、人との接触機会を最低7割、極力8割減らすよう求めており、取り組みが不十分な地域も多い。外出自粛の浸透が課題となりそうだ。

 先行して緊急事態宣言の対象になった7都府県ほど減少率が大きい傾向があり、買い物や外出を控える動きが広がっているとみられる。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ