ANA、純利益を大幅に下方修正

共同通信

 ANAホールディングス(HD)は20日、2020年3月期連結決算の業績予想を下方修正し、純利益を従来の940億円から270億円に引き下げると発表した。前期実績の1107億円から大幅な減益となる。新型コロナウイルスの感染拡大による需要の大幅な落ち込みが影響した。

 売上高は2兆900億円から1兆9700億円、本業のもうけを示す営業利益は1400億円から600億円にそれぞれ見直した。ANAHDは世界各国で強まる移動制限で大規模な減便を余儀なくされている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ