「仮面ライダー」から絵本届く

共同通信

 名古屋市港区の障害者施設「ふれ愛名古屋」に20日「仮面ライダー」を名乗る人物から絵本や紙芝居が入った段ボール箱が届いた。施設が同日、明らかにした。箱の中には「(新型)コロナの暗い話であふれているが、少しでも心温まるニュースがあったらいい」などと書かれた手紙が添えられていた。

 施設によると20日朝、職員が出勤すると、玄関の前に段ボール箱1箱が置かれていた。箱の横には仮面ライダーの画像、反対側には人気漫画「タイガーマスク」の画像が張られており、中には手紙と絵本3冊、紙芝居5セット、リュックサック二つなどが入っていた。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ