和歌山県白浜町長選が告示

共同通信

 任期満了に伴う和歌山県白浜町長選が21日告示され、元参院議員の新人大江康弘氏(66)と3選を目指す現職井澗誠氏(65)、元衆院議員の新人玉置公良氏(65)の無所属3人が立候補を届け出た。元国会議員2人が町長選に出馬するのは異例。26日に投開票される。

 白浜町では温泉を中心とする観光業が盛んだが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で観光客の姿はまばらだ。白浜温泉旅館協同組合加盟の24施設では予約キャンセルが相次ぎ、臨時休館に追い込まれているケースも多く、3人はいずれも観光再生などを掲げる。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ