日立が医療用防護マスク生産へ

共同通信

 日立製作所は21日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、顔全体を覆うフェースシールドと呼ばれる医療用防護マスクの生産を5月中旬から始めると明らかにした。茨城県日立市とひたちなか市、愛知県尾張旭市の計3工場で手掛ける。生産は合わせて週2千~3千個から始め、6月には8千~1万個に高める。医療物資の増産を促す政府の協力要請に応える。

 また人工呼吸器など医療機器の生産を支援するため、子会社の日立ハイテクが埼玉県上里町に持つ鉄道関連の製造拠点のクリーンルームを医療機器メーカーなどに貸し出し、必要に応じて人員の派遣も検討する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ