産油国、追加減産検討も

共同通信

 【ロンドン共同】サウジアラビアなど5月からの原油協調減産に参加する産油国が、削減量の拡大を視野に入れていることが21日明らかになった。新型コロナウイルス感染拡大で需要が急減し、原油安が続いているためだ。5月10日に関連会合を開く案が浮上した。ダウ・ジョーンズ通信が報じた。

 ニューヨーク原油先物相場が20日にマイナスになるなど異常な動きを見せており、産油国は減産の開始前から新たな対策を検討しなければならない事態に追い込まれた。

 産油国は5~6月に、日量970万バレルの減産を実施する計画だが削減量が足らないとの見方が広がり、原油価格低迷の原因となっている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ