休校延長で「夏休みゼロ」

共同通信

 兵庫県小野市教育委員会は22日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う市立学校の休校が長引いた場合、夏休みをゼロにする方針を明らかにした。授業時間を確保する狙い。蓬莱務市長は「早い時期に周知しておくことで、教職員や保護者が覚悟を持てる」と説明している。

 小野市には市立小中学校と特別支援学校が計13校あり、例年の夏休みは7月21日~8月31日。4月からの休校は現時点で5月6日までだが、緊急事態宣言などの状況が変わって延長すれば夏休みを削減する。

 5月7日から学校が再開できた場合や、休校延長が短期間で済んだ場合は夏休みの短縮にとどまる見通し。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ