カナダ乱射、元交際相手が標的か

共同通信

 【ニューヨーク共同】カナダ東部ノバスコシア州で18~19日に起きた乱射事件で、米ABCテレビは22日、歯科技工士ガブリエル・ワートマン容疑者(51)=警察が射殺=が元交際相手を標的としていた可能性があると報じた。捜査関係者の話として伝えた。

 ABCによると、容疑者は自宅に火を付けた後、元交際相手の家に向かい、住人を殺害したとみられる。捜査当局は、元交際相手との何らかのトラブルが動機になった可能性もあるとみている。犠牲者に元交際相手が含まれるかどうかは明らかになっていない。

 地元警察は22日、容疑者の単独犯行とみていることを明らかにした。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ