NBA選手会長、先行き見通せず

共同通信

 米プロバスケットボールNBA、サンダーの地元紙オクラホマンは22日、同チームの主力でNBA選手会長を務めるポールが新型コロナウイルス感染拡大で中断中のリーグの先行きに「この状況は誰にも分からない。実際問題として、ウイルスが完全に主導権を握っている」と電話会見で心境を明かしたと伝えた。

 NBAのシルバー・コミッショナーは4月中は静観する考えを示している。選手会長という立場上、選手から今後について聞かれることが多いそうだが「トップが見極める問題」と述べた。(共同)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ