岐阜県立高校なども休校延長へ

共同通信

 岐阜県教育委員会が、新型コロナウイルス感染拡大防止のための県立高校や特別支援学校の臨時休校を、5月末まで延長する方針を固めたことが24日、分かった。これまで休校は5月6日までとしていた。

 県教委などによると、県内の感染拡大が止まらない中、大型連休明けの再開は難しいと判断。近く開かれる県の対策本部の会議で協議し、決定する。県内の市町村にも同様の対応を求める。

 岐阜県内ではこれまで、岐阜市など複数の市町村教委が、小刻みな延長は児童や保護者の不安を増大させるなどの理由で、休校を5月末まで延長することを決めている。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ