年末年始、寒さ厳しく 九州の天気 初日の出は難しそう

 日本気象協会は26日、年末年始の天気情報(28日~2014年1月5日)を発表した。同協会九州支社(福岡市)によると、九州地方は北部、南部ともに平年よりも寒い日が続く見通し。元日は九州北部を中心に雲が広がるとみられ、宮崎県など太平洋側の一部を除いては、初日の出を見るのは難しそうだという。

 28、29日は今冬一番の寒気が流れ込むことから、日中も気温が上がらず厳しい寒さになる。北部では雪が降り、平野部でもうっすらと雪化粧する所があるとみられ、同支社は「帰省ラッシュと重なるため、車の運転など十分に注意してほしい」と呼び掛ける。30、31日は寒さが少し緩み、晴れ間も出るという。

 元日は、気圧の谷の影響で雲が多い一日となる。2日以降は、再び寒気が流れ込み、冷え込みが厳しくなるという。

=2013/12/26 西日本新聞=

PR

PR

注目のテーマ