日航、3千億円規模借り入れ検討

共同通信

 日本航空が融資などの借り入れを求め、民間金融機関と調整を進めていることが25日、分かった。総額で3千億円規模を検討する。新型コロナウイルスの感染拡大で人の移動が制限され、航空会社は軒並み収益が悪化している。日航は事業継続に支障が生じないよう、必要な資金を手厚くする。

 日航は国内外の路線で大規模な減便を実施しており、22日に2020年3月期の連結純利益予想を従来の930億円から530億円に下方修正した。前期実績(1508億円)比で約65%減となる見通しだ。

 事業環境が不透明になる中、資金繰りに万全を期すため、複数の銀行と融資などについて相談している。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ