東証、午前終値1万9678円

共同通信

 週明け27日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反発した。前週末に米国株が上昇したことを好感し、買い注文が先行、1週間ぶりの高値となった。上げ幅は一時400円を超えた。日銀の金融政策決定会合の結果発表を控え、買い一巡後は金融政策の動向を見極めたいとする投資家の慎重姿勢も目立った。

 午前終値は前週末終値比416円87銭高の1万9678円87銭。東証株価指数(TOPIX)は15・57ポイント高の1436・86。

 前週末のニューヨーク市場は、ダウ工業株30種平均が上昇。東京市場の投資家心理の改善につながった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ