一律10万円、5月給付準備

共同通信

 安倍晋三首相は27日、新型コロナウイルス感染拡大を受けた全国民への一律10万円給付に関し「早い地方(公共)団体では、5月中のできるだけ早い時期を目標に給付を開始していただけるよう準備を進めている」と強調した。当初検討した減収世帯への30万円給付から政策転換した理由については「この国難を乗り切るためには、国民との一体感が大切との考え方の下、決断した」と説明した。衆参両院の本会議で述べた。

 政府は公明党などの要請で一律10万円給付に方針を変え、2020年度補正予算案の閣議決定をやり直した経緯がある。首相は「混乱を招いたのは私自身の責任だ」と陳謝した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ