皇居ランナー、マスクを着けて

 東京都千代田区は27日、皇居外周を走る「皇居ランナー」に対し、新型コロナウイルス感染拡大防止のためにマスク着用のほか、通行人やランナー同士の間隔を確保するよう呼び掛けた。会員制交流サイト(SNS)を通じて周知する。

 区は同日午後5時すぎ、公式ツイッターなどで「マスクを着用し、充分な間隔を空ける等、周囲への配慮をお願いします」と発信。区によると、ランナーの数は外出自粛の影響で激減したが、区民からは「マスクなしでランナーが近くを通り過ぎるのが不安だ」といった苦情が寄せられているという。

関連記事

PR

PR