山口、24日まで県立校休み延長

 山口県は28日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、5月6日までとしていた県立学校の休校を同月24日まで延長すると発表した。

 村岡嗣政知事は、県庁で記者団に、県内での感染状況は落ち着いているが、ゴールデンウイークに来県者が増えて、感染が拡大する可能性があるとの懸念を表明。休校延長について「どれだけ感染が広がるかは、2週間経過しなければ分からない」と説明した。

PR

PR