タクシー「運べる量多く助かる」

 岡山県を中心にバスやタクシー事業を展開する両備グループ(岡山市)は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて飲食店から依頼を受けたタクシーが料理を各家庭に配達するサービスを始めた。5月13日まで。

 配達のデモンストレーションで、運転手は市内の総菜店で料理を受け取り、表示板に「貨物」と書かれたタクシーへ。トランクに置かれた専用の箱に積み込んで約3キロ離れたオフィスに配達した。総菜店オーナーの武田隼人さん(36)は「外出自粛で売り上げも減少しており、タクシーだと運べる量も多いので店としても助かる」と話した。

関連記事

PR

PR