知事17人、9月入学制を要請へ

共同通信

 新型コロナウイルス感染拡大による公立学校の休校長期化を受け、9月入学制の導入を求める声が28日、全国の知事から相次いだ。休校が長引く地域とそうでない地域で学力差が生じるという懸念のほか、これを機に9月入学の欧米に合わせるべきだとの主張もある。有志の知事17人は共同メッセージで政府に要請する考えを発表。他に東京都の小池百合子知事や群馬県の山本一太知事が前向きな考えを示した。

 一方、萩生田光一文部科学相は「文科省だけで完結する問題ではなく、社会全体に影響を及ぼし、調整が必要な案件だ。オールジャパンで一緒に考えるとすれば、一つの大きな選択肢になる」とも述べた。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ