医療関係者らに曲芸飛行で感謝

 【ニューヨーク共同】日々の奮闘に「ありがとう」―。新型コロナウイルス感染被害が深刻な米ニューヨーク市上空などで28日、医療関係者や食料品店従業員らに感謝の気持ちを伝えようと、米軍の曲芸飛行隊がアクロバット飛行を行った。

 参加したのは海軍の「ブルーエンゼルス」と空軍の「サンダーバーズ」の両飛行隊に所属する計12機。澄み切った青空に白煙をたなびかせながら一糸乱れぬ飛行を披露し、ニューヨーク市中心部では路上や建物の屋上から空を見上げる人々の姿が見られた。

 米メディアによると、アクロバット飛行は東部ペンシルベニア州フィラデルフィアでも実施された。

関連記事

PR

PR