レバノンでデモ激化、60人負傷

 【カイロ共同】レバノン北部トリポリで28日、経済悪化に抗議する数百人規模のデモが激化し、暴徒が銀行に放火した。治安部隊との衝突で双方に約60人の負傷者が出た。地元紙デーリー・スターなどが伝えた。レバノンでは昨年から財政危機が深刻化。新型コロナウイルスの感染拡大防止のための外出規制も経済悪化につながったとみられている。

 デモは27日の治安部隊の鎮圧で男性1人が死亡したことから28日に激化し、少なくとも二つの銀行や警察車両に火が付けられ、軍部隊が派遣された。

 レバノンは多額の債務を抱え、深刻な経済危機に直面している。3月には同国で初の債務不履行を宣言した。

関連記事

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR