土日JR主要駅、80%台の減少

 全国10都道府県のJR主要14駅では、ゴールデンウイークが始まった土日の25、26日、前年に比べた利用者の減少幅がほぼ80%台に達した。前週の18、19日の土日とほぼ同様の傾向。25日に東京駅、26日に上野、名古屋、京都、大阪、博多の各駅で90%以上となった。内閣官房が29日、JR各社から報告を受けたデータをホームページで公表した。

 内閣官房のまとめによると、25日の減少幅は札幌83%、東京91%、名古屋86%、京都と大阪87%、三ノ宮82%、博多87%など大半が80%台。都内の池袋は77%にとどまった。

PR

PR