韓国、倉庫火災で38人死亡

共同通信

 【ソウル共同】韓国・ソウル近郊の京畿道利川にある物流倉庫の工事現場で29日午後、爆発を伴う火災が発生し、消防によると、同日夜までに38人の死亡が確認された。建物内に有毒ガスが充満して被害が拡大したとみられる。他に10人が負傷した。工事現場には出火当時、約80人がいたが、数人と連絡が取れていないという。

 韓国メディアは、断熱材のウレタンフォームを吹き付けた際に出た可燃性ガスに溶接作業の火花が引火した可能性があると伝えた。消防は地下から出火したとみて調べている。

 聯合ニュースによると、建物は地下2階、地上4階建ての冷蔵用の倉庫。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ