アイヌ語地名紹介の地図作製

共同通信

 一般社団法人「北海道開発技術センター」(札幌市)が、幕末の探検家松浦武四郎の足跡を、アイヌ語由来の地名と一緒に紹介するウオーキングガイドマップを4千部作製した。現在の北海道旭川市や美瑛町などのゆかりの地を紹介。「十勝岳ジオパーク推進協議会」のウェブサイトからもダウンロードできる。

 ガイドマップは旭川市神居古潭地区と、旭川市から上富良野町にかけての地区の見どころを、地名解説とともにカラーのイラストや写真で紹介している。裏面には英語版もある。

 伊勢(現三重県)出身の武四郎はアイヌ民族と協力して蝦夷地と呼ばれた幕末期の北海道を探査した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ