利益2300億円下方修正

 三菱UFJフィナンシャル・グループは30日、2020年3月期連結決算の純利益予想を従来の7500億円から2300億円下方修正し、5200億円とすると発表した。8726億円だった前期に比べ4割減となる。海外にある傘下銀行の株価下落や、新型コロナウイルス感染拡大による融資先の経営悪化が響いた。

 三菱UFJは2月にも20年3月期の純利益予想を9千億円から7500億円に引き下げており、下方修正は2回目。1株当たり25円の配当は据え置いた。

 タイの傘下銀行であるアユタヤ銀行の株価下落で1305億円の減損処理をし、その他の保有株式でも約650億円の損失を計上する。

PR

開催中

絨毯 キリム展 

  • 2022年1月13日(木) 〜 2022年1月17日(月)
  • 街角ギャラリーMIMOZA
開催中

現代版画2022

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月17日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR