「写真の町東川賞」の受賞者発表

 北海道東川町は1日、本年度の「写真の町東川賞」の受賞者5人を発表した。国内作家賞に選ばれた長島有里枝さん(47)は、身近な人や物を撮影し、社会や女性の在り方を探る姿勢が評価された。

 北海道にゆかりのある写真家に贈る特別作家賞には、旭川師範学校の学生時代に「生活図画事件」で弾圧された男性2人の現在の暮らしを撮り続けた高橋健太郎さん(30)、地域に貢献した写真家を表彰する飛弾野数右衛門賞には鬼海弘雄さん(75)を選出。

 新人作家賞には上原沙也加さん(27)を選んだ。

 東川町は1985年に「写真の町」を宣言して東川賞を設け、今年で36回目。

PR

開催中

2022酒器展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月24日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR