ロシア首相が感染、隔離治療へ

 【モスクワ共同】ロシアのミシュスチン首相は4月30日、新型コロナウイルスに感染したとプーチン大統領に報告した。これを受け、プーチン氏はベロウソフ第1副首相を首相代行に任命した。ミシュスチン氏は隔離されて治療を受ける。

 政府の新型コロナ対策本部を率いる首相の感染に、ロシア社会は衝撃を受けている。ロシアでは感染拡大が続いており、同日に10万人を突破した。

 首相と大統領のオンラインのやりとりは国営テレビで放映された。ミシュスチン氏はプーチン氏に「たった今、検査の結果、陽性反応が出ました」と報告。他の閣僚への感染を避けるため直ちに隔離措置を取ると表明した。

PR

開催中

大九州展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月18日(火)
  • 井筒屋小倉店本館8階催場

PR