持続化給付金、ネットで受け付け

 経済産業省は1日、新型コロナウイルスで収入が半減した中小企業などに最大200万円を支給する「持続化給付金」の申請受け付けを始め、専用のホームページを開設した。インターネットによる電子申請で手続きを迅速化し、最速で8日に支給する。

 給付金は、フリーランスを含む個人事業主には最大で100万円を支給する。電子申請が困難な事業者には、全国に支援窓口を順次設置して相談を受ける。問い合わせに応じるコールセンターも設けた。

 梶山弘志経産相は「迅速にできるだけ多くの方を支援したい」と述べた。

 専用ホームページはhttps://www.jizokuka―kyufu.jp/

PR

PR