10万円給付オンライン申請開始

共同通信

 高市早苗総務相は1日の記者会見で、1人当たり10万円を配る「特別定額給付金」を巡り、マイナンバーカードを使ったオンライン申請の受け付けが全体の39%に当たる679市区町村で始まったとの集計を明らかにした。実際に10万円の給付を開始する時期は自治体ごとに判断するため、政府として把握していないとしている。

 オンライン申請は「マイナポータル」というウェブサイトを利用。金融機関の口座番号を入力し、通帳の写真など口座を確認できるデータを添付して申請する。マイナンバーカードによる電子署名を使うため、本人確認書類は必要ない。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ