今年は5月を「母の月」に

 新型コロナウイルスによるイベント中止などで花の注文が激減している苦境を打開しようと、農林水産省や花の関係団体が、今年は5月の1カ月間を「母の月」にしようと呼び掛けるキャンペーンを打ち出している。10日の「母の日」の前後に集中する注文や配送を分散する一方、長く楽しみながら花を贈ることで気持ちも明るくしてほしいとアピールする。

 キャンペーンは花の生産や流通の関係団体でつくる「日本花き振興協議会」が農水省の協力も得て実施。定番のカーネーション以外にも、5月中旬以降に旬を迎えるバラなども届けられるとして、店頭ポスターやインターネットでPRする。

PR

開催中

大九州展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月18日(火)
  • 井筒屋小倉店本館8階催場

PR