地方経済のコロナ影響を議論

 梶山弘志経済産業相は1日、全国商工会連合会の森義久会長(鹿児島県商工会連合会会長)らとテレビ会談し、新型コロナウイルスの感染拡大によって影響を受けた地方の経済状況について意見交換した。

 会談の冒頭で梶山氏は「事業の存続と地域の雇用を守るために、政府が一丸となって全力を尽くす」と述べ、森氏らに対して「地域の事業者に寄り添った支援に取り組んでいただきたい」と協力を求めた。

 森氏は宿泊施設や飲食業が壊滅的な打撃を受けていると明らかにし、景気動向が近年で最悪の水準だと指摘。「このままでは廃業や倒産が急増し、地域経済が崩壊するのではないか」との強い危機感を示した。

PR

開催中

大九州展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月18日(火)
  • 井筒屋小倉店本館8階催場

PR