芸術の動画配信に独自補助、鳥取

共同通信

 新型コロナウイルスの感染拡大により、全国的に文化芸術イベントが中止に追い込まれる中、表現の場が失われないようにと、演劇や展示会をインターネットで上映するなど、工夫して発信する取り組みに対し、鳥取県が支援に乗り出した。

 4月補正予算に1200万円を計上した。県内に拠点を置く芸術家や団体などが、映像配信するための機材や施設のレンタル料などの経費について50万円を上限に支援する。県外の芸術家とオンラインで稽古や打ち合わせをし、作品を制作する場合も、必要経費を350万円まで補助する。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ