ヌーラボ、福岡市が推進するテレワーク導入事業の「サポーター企業」に認定。テレワークに挑戦する企業へツールとノウハウを提供。

PR TIMES 株式会社ヌーラボ

チームのコラボレーションを促進し、働くを楽しくするツール「Backlog (バックログ)」「Cacoo (カクー)」「Typetalk (タイプトーク)」を開発、提供する株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)は、福岡市が推進するテレワーク導入事業において募集されている、中小企業へのテレワーク導入を支援する「サポーター企業」として認定を受けたことをお知らせします。


福岡市のテレワーク推進事業について

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、福岡市においても企業におけるテレワーク導入が進んでいます。しかし、実際の導入状況には企業による格差が生じています。このため福岡市ではテレワーク導入が進んでいない地場中小企業・小規模事業者に向けて、支援金の支給とともにサポートする新たな支援をスタートします。

本事業では、市内に本店を置く中小企業・小規模事業者を対象に、市が認定するサポート企業によるコンサルティングに対して最大10万円(経費の100%を負担)、またPCの購入・リース費用・ソフトウェア使用料等に対して、最大40万円(経費の50%を負担)を支給します。

※テレワーク支援事業についての詳細はこちら:https://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/k-yuchi/business/tele.html
ヌーラボが行うテレワーク支援について

製品を通したテレワーク支援
ヌーラボが提供する「Backlog (バックログ)」「Cacoo (カクー)」「Typetalk (タイプトーク)」はいずれも、社内の情報の可視化、共同作業、共有に優れたツールで、テレワークの実施に最適です。

ヌーラボの上記3製品の利用料金は、福岡市のテレワーク支援事業で対象として認められる見込みです。また、Typetalkは5月31日(日)までに無料のトライアルをお申し込み頂くと、通常よりも60日間長い90日間を無料で利用できます。

※Typetalkの90日間無料キャンペーンについてはこちら:https://nulab.com/ja/press-release/pr-2005-typetalk-telework-campaign/
テレワークのノウハウ提供

ヌーラボは、テレワークについてのノウハウを無料セミナーを通じて提供しています。新型コロナウイルスの影響でテレワークが話題になり始めてからセミナーを企画し現在までに3回に渡り実施しています。

テレワークを導入するにあたり、何を気をつければいいのか、ツールはどうやって活用すれば良いのか等、直接みなさんの質問にお答えしています。

※テレワークセミナーについての詳細はこちら:https://nulab.com/ja/press-release/pr-2003-telework-support-seminar/
ヌーラボが提供するサービスについて

ヌーラボは、100万人以上が利用するプロジェクト管理ツール「Backlog」だけでなく、ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」、ビジネスチャットツール「Typetalk」、それぞれのサービスに1つのアカウントでログインするための「ヌーラボアカウント」を開発・提供しています。


ヌーラボは、チームのコラボレーションを促進し、働くを楽しくするツールを提供しています。それぞれについての詳細は、こちらのURLよりご確認ください。

・プロジェクト管理ツール「Backlog」:https://backlog.com/ja/
・ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」:https://cacoo.com/ja/
・ビジネスディスカッションツール「Typetalk」:https://www.typetalk.com/ja/
株式会社ヌーラボについて


※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ