小1、卒業年次の登校優先

共同通信

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により長期化している学校の休校を巡り、文部科学省は1日、子どもを登校させる際には、小1と小6、中3の3学年を優先させる案を示した通知を全国の都道府県教育委員会などに出した。学びの機会を保障するため、感染対策を十分に図った上、地域の状況に応じて教育活動の再開を促している。

 通知は学校内での密集回避を重視。学校生活に慣れておらず、特に対面指導が必要な小1と、最終学年で学習内容の次年度への繰り越しが難しく、進路指導などが必要な小6と中3の登校を先行させる。高3にも同様の対応を検討するよう求めている。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ