バイデン氏、性的暴行疑惑を否定

 【ワシントン共同】米大統領選の民主党候補指名を確実にしたバイデン前副大統領(77)は1日、最近浮上した27年前の性的暴行疑惑を否定する声明を出した。これまで陣営は全面否定してきたが、本人は言及を避けてきたことから、直接説明するよう求める声が強まっていた。

 声明で「真実ではない。決して起きていない」と強調した。MSNBCテレビでも同様の説明をする。

 疑惑を訴えたのはタラ・リードさん(56)。上院議員だったバイデン氏の事務所スタッフを務めていた1993年、スカートの中に手を入れられ性器を触られたとして先月、刑事告発した。

PR

PR